イベント一覧

No Image

平安時代から現在も続く京都の伝統産業「京くみひも」を、その歴史を学びながら作ってみましょう。

詳細はこちら
No Image

情報交換や交流の場です。こんな事、聞いてほしい。聞きたい。日々の暮らしの中で工夫している事など、色々お話しましょう!

詳細はこちら
No Image

香りは何からできている?お香の歴史や香りのもとを学びながら、いろいろな香りを混ぜて自分だけの匂い香を作ってみよう!

詳細はこちら
No Image

開催中の展覧会展示解説とともに、特別展示のユネスコ「世界の記憶」に登録された「朝鮮通信使」の資料に関する解説を行います。
通信使の200年を超える日本と朝鮮の友好の外交の記憶をたどります。

詳細はこちら
No Image

読み札(漢字の部首)と取り札(読まれた部首の漢字)の、オリジナルの手書きカルタを作ってみよう。
完成したら、みんなで一緒に遊んでみよう。

詳細はこちら
No Image

高台寺とその周辺地域は、日本の歴史上の人物が行き交った土地です。夏の朝にすずしく、その風土と歴史
を感じ、館内では美術工芸品や資料を鑑賞できます。この企画では特別に人力車に乗って周辺案内を受けられます。

詳細はこちら
No Image

改札鋏による入鋏体験など、昔の駅員の仕事を体験していただきます。

詳細はこちら
スマイルyogaエクササイズ

朝の新鮮な空気をたくさん吸って、ヨガの簡単な動きで体をほぐしたり、日頃あまり使わない筋肉を動かして心も体もリフレッシュしてみませんか。
伏見区役所と大手筋商店街の間にある「南部児童公園」で令和元年から、毎月第2土曜日にプロのインストラクターの指導により定期的にyogaエクササイズを開始します。参加費無料で、30分間程度なので気軽に体験して頂けます。
お一人でも、ご友人とでも、ご家族連れでも、どなたでも楽しんでいただけます。もちろん、お子さんは公園内で遊んで頂けますので、ご家族みなさんでお越しください。

詳細はこちら
No Image

源頼政の様々な顔に注目して初公開を中心とした資料を展観します。鵺退治を中心とした武家の側面、昇進のきっかけにもなった歌才の側面など歴史学や民俗学的な側面に至るまでを俯瞰する今までにない展覧会です。

詳細はこちら
No Image

芸術の発展に貢献する場として活用してほしいという印象の意志を受け継ぎ、現代活躍している作家に発表の場を与えるもので、今回で11回を迎えます。日本画家で日展で活躍している河村氏を取り上げます。

詳細はこちら
No Image

堂本印象が昭和15年(1940年)に手がけた大阪の四天王寺五重宝塔の絵画は、戦火により焼失してしまいました。今回
は、まぼろしとなった四天王寺宝塔の遺された下絵を一挙に展示します。また、印象旧蔵の仏像も特別展示します。

詳細はこちら
No Image

東本願寺が明治新政府から北海道の開教・開拓を命じられてから今年で150年を迎えます。社会が大きく変動した明治初期における東本願寺と北海道の関わりを紹介します。

詳細はこちら
No Image

東本願寺が明治新政府から北海道の開教・開拓を命じられてから今年で150年を迎えます。社会が大きく変動した明治初期における東本願寺と北海道の関わりを紹介します。

詳細はこちら
No Image

即位の礼の大饗にて披露される舞装束について紹介します。

詳細はこちら
No Image

平安時代に内裏や平安京で行われた年中行事に焦点をあて、絵巻などを取り上げながら華やかな宮中の世界を紹介します。協力:京都市歴史資料館

詳細はこちら
No Image

20世紀初頭、欧米のデザインを積極的に学ぼうとした京都高等工芸学校(京都工芸繊維大学の前身校)で教材として使用されたポスターやアールヌーヴォー期の陶磁器、ティファニーのガラス器など名品の数々を展示します。

詳細はこちら
No Image

ろう染めとは防染に蝋を用いた染色法で、筆を使って蝋を置く描き染めが特徴です。京芸染織専攻でも戦後このろう染めによる表現が指導されました。その指導をした小合友之助、三浦景生らの作品を中心に展示します。

詳細はこちら
No Image

世界最古のオルゴールから現在のオルゴールまで、少女のオートマタ、シンギングバード、宝飾品の特集です。

詳細はこちら
No Image

漢字迷路・漢術房に参加して、漢字忍者を目指そう!京都・祇園の地に伝わる「秘伝 漢術の書」(巻物)。中国
からつたわったという漢術を体得するために漢字迷路・漢術房で修業して、漢字忍者になろう!

詳細はこちら
No Image

新作アニメ「GENJI FANTASY ネコが光源氏に恋をした」は、現代の女子高校生が平安時代にタイムスリップし、彼女の目線を通して、紫式部の日常や物語成立の背景などを描いた約20分のお話です。宇治市源氏物語ミュージアム初のアニメ作品ができるまでを原画などを通して紹介します。

詳細はこちら