イベント一覧

京都市上京老人福祉センター「乳がんについて~正しく知って、早期発見・早期治療~」

講師:京都市立病院 乳腺外科部長 森口 喜生 氏

詳細はこちら
No Image

漢字がもっている意味を考えながら、粘土で楽しく漢字を作りましょう!
ワークショップでは、漢字から想像した風景や物などを粘土を使って表現します。

詳細はこちら
No Image

帯に使用する絹糸でタッセル型チャームを作ります。モノづくりの楽しさと織り糸の素材を活かしたワークショップです。こちらは要予約です。

詳細はこちら
「食育シンポジウム」家族で日本型食生活を実践~共食のススメ~

①基調講演(90分)
オヤジの味が家族を笑顔に~パパ料理で家族・社会を豊かに~
講演者:滝村雅晴氏 パパ料理研究家/株式会社ビストロパパ代表取締役

②パネルディスカッション(60分)
家族・地域を結ぶ共食で、食文化を見つめる
コーディネーター:NPO法人近畿アグリハイテク副理事長 北村實彬氏
           (農林水産省産学連携支援コーディネーター)
パネリスト:基調講演講師 滝村雅晴氏
       京都府栄養士会副会長 石伏穣氏(京都栄養医療専門学校講師)
       きょうと食いく先生 松木宏美氏(神戸松蔭女子学院大学講師)

③その他
府、大学、団体、食育サポート企業等の食育活動紹介

詳細はこちら
No Image

(公財)長岡京市埋蔵文化財センター・原秀樹氏より、織田信長の城づくりの標準となった勝龍寺城、乙訓地方最大の恵解山古墳の発掘調査について、お話しいただきます。

詳細はこちら
No Image

紀元前2000年頃の楔形文字の粘土板や、グーテンベルク活版印刷機、42行聖書、石版印刷機などの実物や複製。世界最古のお経や宋時代の木活字、有名な解体新書の初版本などをご覧いただけます。

詳細はこちら
京都市上京老人福祉センター「いきいき百歳体操&かみかみ体操」

大半を椅子に座った状態で行う簡単な筋力向上体操です、ご一緒にいかがですか?

詳細はこちら
No Image

子どもにとっては珍しい、大人にとっては懐かしい、こっぽりや水鉄砲など竹のおもちゃをご用意。ぜひ手にとって遊んでみてください。(施設外への持ち出しはできません。)

詳細はこちら
No Image

小学生を対象とした竹の工作教室。お話を聞いて竹のことを学んでから、竹のおもちゃを作ります。竹博士と竹職人が皆さんにお教えします!

詳細はこちら
No Image

企画展「いろトリどり」にちなんで、山階鳥類研究所所長・奥野卓司氏に、日本画に描かれた鳥たちの生態について楽しく語っていただきます。ツルやサギ、カモなど日本人にとって身近な鳥の意外な秘密がわかるかも?

詳細はこちら
No Image

黒谷和紙の歴史や製法を学び、実際に和紙を使ってもんだりひっぱったり土や葉っぱをこすりつけて模様をつけるなど、和紙で遊びながら和紙の強さや特徴を体感します。

詳細はこちら
No Image

企画展の関連イベントとして、環境マンガ家でもある京エコロジーセンター館長・ハイムーン氏によるギャラリートークを開催します。社会を鋭く表現したマンガの背景やメッセージについてのお話から、私たちの未来に向けて何ができるか一緒に考えてみましょう。

詳細はこちら
No Image

当館学芸員が展覧会のみどころを解説します。

詳細はこちら
特集展示「赤ってじつはどんな色?」関連ギャラリートーク

昔の美術品を通して、人々が赤色に込めた思いを感じてもらおうという特集展示にあわせて、小中学生を主な対象にギャラリートークを実施します。夏休みのお子さまにも楽しんでいただける内容です(大人も参加可)。

詳細はこちら
京都市南老人福祉センター つどい「大人のぬり絵」

※申込み不要、自由参加です。
大人向けの素敵なぬり絵を楽しみませんか。
見本を準備します。(講師による指導はありません)

詳細はこちら
No Image

センターのホールで盆踊りを踊ります。どなたでも自由に参加できます。ご近所お誘いあわせご参加ください。炭坑節など、いろいろ踊ります。途中の休憩時間はお話をして交流しましょう!入退場自由です。
協力団体:右京区老人クラブ連合会「踊りの会」

詳細はこちら
No Image

英語を少し理解できたり、話せたりできたら・・・そんな思いを形に!熟年英会話の体験講座です。

詳細はこちら
京都市上京老人福祉センター「笑顔士ヨーガ&ハッ・ダンス&パピプペポダンス」

お腹から声を出して、心も身体もすっきり!

詳細はこちら
No Image

西京区地域介護予防推進センター職員による講演

詳細はこちら
No Image

『論語』は、東北アジアにおける最高の古典である。古典は、人々に智慧を与え、生きる力の源となっている。
我々にとって、人間とは何か、生きかたとは何か、ということは、大きな問題である。その大きな重い問題にお
いて、その解決の方法や方向を示してくれるのが古典である。『論語』を読もう。7/18テーマ「道徳」

詳細はこちら