イベント一覧

「食育シンポジウム」家族で日本型食生活を実践~共食のススメ~

①基調講演(90分)
オヤジの味が家族を笑顔に~パパ料理で家族・社会を豊かに~
講演者:滝村雅晴氏 パパ料理研究家/株式会社ビストロパパ代表取締役

②パネルディスカッション(60分)
家族・地域を結ぶ共食で、食文化を見つめる
コーディネーター:NPO法人近畿アグリハイテク副理事長 北村實彬氏
           (農林水産省産学連携支援コーディネーター)
パネリスト:基調講演講師 滝村雅晴氏
       京都府栄養士会副会長 石伏穣氏(京都栄養医療専門学校講師)
       きょうと食いく先生 松木宏美氏(神戸松蔭女子学院大学講師)

③その他
府、大学、団体、食育サポート企業等の食育活動紹介

詳細はこちら
No Image

(公財)長岡京市埋蔵文化財センター・原秀樹氏より、織田信長の城づくりの標準となった勝龍寺城、乙訓地方最大の恵解山古墳の発掘調査について、お話しいただきます。

詳細はこちら
No Image

紀元前2000年頃の楔形文字の粘土板や、グーテンベルク活版印刷機、42行聖書、石版印刷機などの実物や複製。世界最古のお経や宋時代の木活字、有名な解体新書の初版本などをご覧いただけます。

詳細はこちら
京都市上京老人福祉センター「いきいき百歳体操&かみかみ体操」

大半を椅子に座った状態で行う簡単な筋力向上体操です、ご一緒にいかがですか?

詳細はこちら
No Image

子どもにとっては珍しい、大人にとっては懐かしい、こっぽりや水鉄砲など竹のおもちゃをご用意。ぜひ手にとって遊んでみてください。(施設外への持ち出しはできません。)

詳細はこちら
No Image

小学生を対象とした竹の工作教室。お話を聞いて竹のことを学んでから、竹のおもちゃを作ります。竹博士と竹職人が皆さんにお教えします!

詳細はこちら
No Image

企画展「いろトリどり」にちなんで、山階鳥類研究所所長・奥野卓司氏に、日本画に描かれた鳥たちの生態について楽しく語っていただきます。ツルやサギ、カモなど日本人にとって身近な鳥の意外な秘密がわかるかも?

詳細はこちら
No Image

黒谷和紙の歴史や製法を学び、実際に和紙を使ってもんだりひっぱったり土や葉っぱをこすりつけて模様をつけるなど、和紙で遊びながら和紙の強さや特徴を体感します。

詳細はこちら
No Image

企画展の関連イベントとして、環境マンガ家でもある京エコロジーセンター館長・ハイムーン氏によるギャラリートークを開催します。社会を鋭く表現したマンガの背景やメッセージについてのお話から、私たちの未来に向けて何ができるか一緒に考えてみましょう。

詳細はこちら
スマイルyogaエクササイズ

朝の新鮮な空気をたくさん吸って、ヨガの簡単な動きで体をほぐしたり、日頃あまり使わない筋肉を動かして心も体もリフレッシュしてみませんか。
伏見区役所と大手筋商店街の間にある「南部児童公園」で令和元年から、毎月第2土曜日にプロのインストラクターの指導により定期的にyogaエクササイズを開始します。参加費無料で、30分間程度なので気軽に体験して頂けます。
お一人でも、ご友人とでも、ご家族連れでも、どなたでも楽しんでいただけます。もちろん、お子さんは公園内で遊んで頂けますので、ご家族みなさんでお越しください。

詳細はこちら
No Image

源頼政の様々な顔に注目して初公開を中心とした資料を展観します。鵺退治を中心とした武家の側面、昇進のきっかけにもなった歌才の側面など歴史学や民俗学的な側面に至るまでを俯瞰する今までにない展覧会です。

詳細はこちら
No Image

堂本印象が昭和15年(1940年)に手がけた大阪の四天王寺五重宝塔の絵画は、戦火により焼失してしまいました。今回
は、まぼろしとなった四天王寺宝塔の遺された下絵を一挙に展示します。また、印象旧蔵の仏像も特別展示します。

詳細はこちら
No Image

東本願寺が明治新政府から北海道の開教・開拓を命じられてから今年で150年を迎えます。社会が大きく変動した明治初期における東本願寺と北海道の関わりを紹介します。

詳細はこちら
No Image

東本願寺が明治新政府から北海道の開教・開拓を命じられてから今年で150年を迎えます。社会が大きく変動した明治初期における東本願寺と北海道の関わりを紹介します。

詳細はこちら
No Image

即位の礼の大饗にて披露される舞装束について紹介します。

詳細はこちら
No Image

平安時代に内裏や平安京で行われた年中行事に焦点をあて、絵巻などを取り上げながら華やかな宮中の世界を紹介します。協力:京都市歴史資料館

詳細はこちら
No Image

20世紀初頭、欧米のデザインを積極的に学ぼうとした京都高等工芸学校(京都工芸繊維大学の前身校)で教材として使用されたポスターやアールヌーヴォー期の陶磁器、ティファニーのガラス器など名品の数々を展示します。

詳細はこちら
No Image

ろう染めとは防染に蝋を用いた染色法で、筆を使って蝋を置く描き染めが特徴です。京芸染織専攻でも戦後このろう染めによる表現が指導されました。その指導をした小合友之助、三浦景生らの作品を中心に展示します。

詳細はこちら
No Image

世界最古のオルゴールから現在のオルゴールまで、少女のオートマタ、シンギングバード、宝飾品の特集です。

詳細はこちら
No Image

漢字迷路・漢術房に参加して、漢字忍者を目指そう!京都・祇園の地に伝わる「秘伝 漢術の書」(巻物)。中国
からつたわったという漢術を体得するために漢字迷路・漢術房で修業して、漢字忍者になろう!

詳細はこちら